PROFILE

保木 詩衣吏  Shieri Hoki 

ガラス作家 glass artists 


1985 岐阜県飛騨市に生まれる

2009 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 卒業

2012 富山ガラス造形研究所 研究科 卒業

2015 卯辰山工芸工房 ガラス工房 修了 

2017 石川県金沢市にて独立

          保木硝房として制作を行う


2011 第51回 日本クラフト展 入選

2011 第5回 KOGANEZAKI 「器のかたち」現代ガラス展vessels 奨励賞

2012 第20回 テーブルウェアフェスティバル 入選

2012 第5回現代ガラス展in山陽小野田 入選

2012 ビアマグランカイ9final 入選

2012 第52回 日本クラフト展 入選

2013 第21回 テーブルウェアフェスティバル 入選

2013 日本現代工芸展 新入選

2013 金沢国際ガラス展 入選

2015 現代ガラス展in山陽小野田 大賞

2015 15'日本のガラス展 がらすらんど賞

2017 第三回 工芸とアートの金沢オークション J R西日本賞

2018 現代ガラス展in山陽小野田 入選

2018 第7回そば猪口アート公募展 優秀賞


全国で個展、グループ展、展覧会、多数開催



アーティストステートメント

(制作コンセプト)

Artiststatement

板ガラスに陶芸用釉薬で絵付けを施し、焼成、研磨し、立体造形として作品を制作。ガラスに雪や落葉など朽ちていくものを”溜める””留める”ことをテーマとし、器をモチーフとした立体造形を行っている。
また上記テーマにて花器やテーブルウェアの制作を行う。



私はモチーフによく雪を使って表現します。岐阜県飛騨地方は冬になると多くの雪に包まれます。新しく積もっては、静かに佇む白い雪は、大変うつくしく、そして春になるにつれて消えていく、とても儚いものです。
そういった故郷の風景の流れとともに、時の流れを感じ、留まらない美しさに尊さと共に切ないような感情をおぼえます。
とけてゆく雪が少しの間地上に留まる
〝水溜り”
地上の器となって、消えゆくものに思いを馳せる時間を与えてくれる。
流れゆくものは留まらないと知りながら、この地上の器を眺めていたい。
矛盾した思いを抱きながら、矛盾した器をテーマに作品を制作しています。



器は、溜められないものを、その場に留めるために人が作り出したものです。人に水を運ぶため、人と食卓を共にするため、亡くなった人を器(棺)に入れて愛しむため。器は留まらないものを留めたいと思う矛盾した想いの形です。
ガラスは人が生み出した素材です。その人工的な素材を用いて、器という想いの形に自然を表現することで、人であるから生まれる矛盾の想いを、留まらないと知りながら、留めたいと願う矛盾の想いを、表現していくことができるのではないかと考えます。